本文へ移動

手仕事ワークショップ

令和元年6月20日(木)つるし飾りで七夕飾り#2

七夕飾り2回目の講座
今日が最終日なので頑張って仕上げましょう。
 
 
宿題でお家で完成させた織姫さまと彦星さまの着物に
リボンをつけます。
 
リボンをつけることで華やかさが、さらにプラスされ
とても綺麗な着物が完成しました。
 
七夕と言えば、織姫さまや彦星さまだけではなく
「笹」「短冊」「お星さま」も忘れてはいけません!
一つ一つ丁寧に作り上げていきます。
 
 
笹竹は「冬の寒さにも負けず真っ直ぐ育つ生命力」が
備わっていることから、
昔から神聖な力が宿っていると考えられていました。
 
また、竹の空洞には神が宿るといわれており、
神聖視されていたものなので、願い事を飾るのに
用いられたそうです。
 
そして願い事をするようになったのは、
江戸時代の頃手習い事や寺子屋が増え、
星に上達を願うようになり。
 
「神から授かった天の水を受ける傘」と
考えられていた「サトイモの葉」にたまった
夜露をつかい、墨をすると文字が上達すると考えられ
 
笹竹に、願い事を書いた短冊をつるすようになったそうです。
 
今回、完成できなかった方も七夕までには完成させ
皆さんそれぞれの願いをこめ、壁などに飾れるといいですね。
お問い合わせ
024-983-1934
ご相談・ご質問などお気軽にお問い合わせください
お問い合わせはこちら
NPO法人しんぐるまざあず・
ふぉーらむ・福島
〒963-0111
福島県郡山市安積町荒井字方八丁
65-1山口ビル1F
TEL/FAX.024-983-1934
受付時間 10:00-15:00
(※土・日・祝日除く)
-------------------------------------
家庭の母子が健やかで安心、安全な暮らしが築けるように
・ひとり親家庭のサポーター養成講座の開催
・ひとり親家庭のための相談会
・子育て講座の開催や子供に関する支援
・会報発行・ネットワーク作り・交流会
-------------------------------------
TOPへ戻る