3月6日(火)に郡山市駅前にある、ビッグアイ6階展示室で
「心の復興」事業に参加されている方々の作品を集めた
「みんなの作品展」を開催いたしました。

作品は全部で150点ほど、
一閑張り、陶芸品、つるし飾り、編み物など
たくさんの種類に、来観者の方々は体を前のめりにして観ていました。

午後からは、三春のデコ屋敷本家大黒屋さんに来ていただき
「戌の絵付け体験」のもの作りを行いました。

戌は2018年の干支になります。

真っ白な戌の張り子に、絵具で色を塗り重ねていきます。
筆の使い方が難しく、参加者の方は
「手が震えて書けない」
そんな声がちらほらと聞こえてきました。

約1時間ほどで完成です。
2018年はまだまだ終わりません。
是非、作った戌の張り子を飾ってください。

「みんなの作品展」「戌の絵付け体験」にご参加いただきまして、ありがとうございました。