作業実施日の前日に
例年より7日遅い梅雨入り宣言があり
今度こそ雨に降られるかな…と思っていましたが
猪苗代は、時々晴れ間ものぞく空模様で
雨に降られることはありませんでした。

この日の作業はナス苗とキャベツ苗の定植。

畝を立て、たっぷりの肥料をまき
大きく育つよう、苗と苗の間隔は広めに取ります。

特に元気な苗を選別しての定植でしたが
猪苗代の強い風に倒れてしまわないか
少し心配になりました。

畑では、ジャガイモの花が咲優しく揺れていました。

成長の差は、まだまだありますが
ところどころに咲く紫の花を見ると
やはり「安心」の一言に尽きます。

前回の作業でまいた豆も芽が出ました!

2週間来ないでいると
畑では目を見張るほどの変化が起きるのですね。

豆畑の草取りと、株元に土寄せも行いました。

後半は、個人畑の手入れです。

こちらも、疎抜きが必要なほど育った大根や小松菜のほかに
すっかり収獲時期を迎えたハツカダイコン
ゆっくりですが、確実に育つサトイモなど
うれしい出来事がたくさん。

今年の梅雨の雨量はいかほどでしょうか。

人間にとっては少々やっかいな季節ですが
作物にとっては恵の雨です。
さらなる成長が期待できそうで
次回の作業日が楽しみですね。

皆さん、体調管理に気を付けてお過ごしください。