5月最後の日。
予想気温30℃越えの予報が出ていたこの日。

外の気温よりも、熱い催し
味の素
ふれあいの赤いエプロンプロジェクト!

今月のテーマは「旬の野菜を食べよう!」です。

そのテーマの通り、旬の野菜が並びました。
写真には写っていませんが、この日の材料には、新じゃがも。

~本日のメニュー~
★キャロットライス
★鶏肉と春野菜のフライパングラタン
★レタスのさっぱりサラダ

サラダに使うレタスは、手で一口大に。
ご飯に使うニンジンは、皮ごとすりおろします。

サラダのドレッシングには、一工夫。
「酢」のかわりに「レモン汁」を使います。

柑橘の良い香りが広がりました。

そして、目から鱗だったのは「グラタン」です。

グラタンは、作るその手間から
「お店で食べるもの」と勝手に位置付けていました。

だって、ホワイトソースを作る行程を想像してみてください。

小麦粉をこがさないようにバターで炒め
少しずつ牛乳を加えてのばしていく……
なんて、考えただけで気が遠くなっちゃいます。

それが、フライパンひとつで出来上がるというのですから驚きです。
しかも、オーブンを使わないのに「焦げ目」もつけるという魔法つき。

この日は、アスパラガスやじゃがいもなど
春野菜をふんだんに使ったグラタン。
加熱に時間のかかるじゃがいもは、レンジにお任せ。

この作り方を覚えてしまったら
もういつでも、食べたい時に
グラタンにありつけるってわけです。

キャロットライス用にすりおろしたニンジンは
軽く油で炒めたあと、炊き上がったご飯に混ぜ込むだけ。

そして、グラタンの「焦げ目」の秘密は、乾煎りしたパン粉。
これぞ、味の素マジック!
見た目にも、色鮮やかなプレートに仕上がりました。

ほとんどの野菜は
年間を通して手に入れることができますが
栄養価は、それぞれの旬の時期が一番高く
その季節に応じた役割を担ってくれています。

健康のためにも、旬の野菜を積極的に取り入れたいですね。