今年最初の農作業は、晴天に送り出されての出発でしたが
猪苗代に入ると、磐梯山はもちろん
道路の脇にも、まだ雪が残っていました。

それでも、約5か月ぶりの畑作業ともあって
期待にふくらむ皆さんの笑顔がはじけました。

この日は風が強く「畑での作業は見送りましょう」
との言葉に従い、倉庫内で作業を進めることにしました。

最初の作業は、種いもの準備です。
説明をよく聞いて、さっそく取りかかります。

単純に、じゃがいもを半分に切るだけだと思っていましたが
芽の出方や伸び方など、見極めが必要なのですね。

種いもの準備の次は
キャベツ、ナス、ブロッコリーの種をポットにまく作業です。

小さな小さな種なので、見失わないように
慎重な指先の作業が求められました。

予定より、1時間も早く作業が終了し
昼食までは時間がありましたので
少しだけ寄り道をすることにしました。

行先は、道の駅猪苗代。

向かう途中、バスの窓から見えたのは、吹雪のような雪でした。
道の駅猪苗代に立ち寄っている間も雪は降り続き
昼食会場に到着する頃には
まるで冬に逆戻りしたような景色になっていました。

なのに、昼食を終え、帰路に着く頃には
さっきまでの天気はうそのような青空!

待ちに待った農作業
今年も皆さんで力を合わせ、元気に進めていきましょう!

よろしくお願いします。