味の素ふれあいの赤いエプロンプロジェクト
11月のテーマは「和食を見直そう」です。

ユネスコの無形文化遺産に「和食の文化」が登録されたことは
もうすっかりお馴染みですが
「11月24日」は「和食の日」なんですって。

dsc01323-2

この日のメニューは
★鶏肉のくわ焼き
★豆腐のだしあんかけ
★切干大根の納豆和え

15055736_1818923298322588_8787623447769369394_n

「鶏肉のくわ焼き」は
「桑の葉」か何かを使うのかな?
と単純にイメージしましたが
鉄板やフライパンがない時代
農機具の「鍬(くわ)」を用いて焼いたことが始まりとされる
まさに、日本の食文化の深いところの一品です。

味の素さんの「さすが!」としか言いようのない発想と
「なるほど!」の時短テクニックには
毎度のことですが、楽しい驚きと発見の連続です。

時間のかかる豆腐の水切りは、レンジにお任せ。
そして水で戻しただけの「切干大根」は
歯ごたえしっかりで、これまた面白い食感。

15073446_1818923238322594_86940804637726353_n-2

「さっそく今夜の夕食に作ってみよう」という声が続出する
味の素ふれあいの赤いエプロンプロジェクト。

また、次回も楽しみにしています!