どうも、今年はお天気に振り回されています。

ずーーーっと晴天が続いていたのに
農作業の実施日にだけ、天気予報には「傘マーク」がつきました。

その天気予報がいうには
「午前中は曇り、午後から雨でしょう」とのこと。

だったらお願い!
午前中だけは、本当に降らないで!

祈るような気持でバスに揺られ、猪苗代へ向かいました。

空には黒い雲が広がっていましたが、雨は大丈夫そう。

な~んだ、楽勝!なんて思ったら…
畑に到着と同時に降り出した雨…。

お天気の神様ごめんなさい。
「楽勝」だなんて思って、ごめんなさい…。

P1040920

雲の流れを見ると、この雨は恐らく一時的なもの。

そう見込んで様子を伺うと、予想的中。
雨はすぐにあがりました。

よ~し、今の内!とばかりに、カボチャの苗と
キャベツの苗の定植に取りかかりました。

P1040933

そして、この日のハイライトな作業は、豆まき。

節分の時に行う「豆撒き」ではなく
育てるための「豆蒔き」です。

P1040957

なにやら、専用の機械も登場しました。

この機械、見た目のアナログさとはウラハラに
納得どころ満載の機能を持ち備えていました。

P1040955

電機もガスも燃料も使わない
人力が全てのエコな機械のおかげで
作業は順調に進んでいる最中でした。

頬や背中に、雨の感触…。
機械だけじゃ間に合わない!
よし、手で蒔こう!

P1040982

雨は一気に降ってきて、私たちを困らせました。
あと30分だけ待ってくれたら
予定していたこと、全部終わらせられたのに…。

P1040988

お分かりいただけるでしょうか?
雨は一瞬にして、大地の色を変えました。

個人畑も気になりますが、この雨じゃ作業になりません。

各地から「梅雨入り」のニュースが聞かれる季節となりました。
もう少し、お天気に振り回される農作業になりそうです。